• 病気の予防
  • フィラリア・ノミ予防
  • ワクチン、避妊・去勢
  • 犬と猫の診療
  • 犬と猫の診療 歯科
  • 犬と猫の診療 内分泌科
  • 犬と猫の診療 皮膚科
  • ウサギの治療
  • フェレットの治療
  • 夜間動物緊急診療
  • アニコム
インスリノーマ
インスリノーマは、腫瘍化した膵臓からの過剰なインスリン分泌によって低血糖をおこす疾患です。年齢の高いフェレットでは比較的多くみられ、元気や食欲がない、ふらふらする、体重が減るなどの症状が認められます。
 インスリノーマの診断は、血液検査による低血糖や超音波検査での膵臓の腫瘤の確認などによって行います。インスリノーマと診断された場合、生涯にわたって内科療法が必要となるケースがほとんどです。低血糖を予防するため、高蛋白食の給餌やステロイドの内服などを行います。
 また、膵臓に腫瘤が確認された場合、外科的に摘出することもあります。手術の際に腫瘤を摘出しても肉眼で見えない腫瘍が隠れている場合が多く、根治は難しいのですが、一時的に低血糖状態が改善され生存期間が長くなると言われています。

消化器疾患
フェレットで下痢や嘔吐、食欲不振などの症状がみられる場合、消化器疾患が疑われます。好奇心旺盛なフェレットでは、色々な物をかじって飲み込んでしまい胃腸内の異物となってしまうことがあります。またヘリコバクターやアリューシャン病などの感染症、好酸球性胃炎や炎症性腸疾患などが原因となることもあります。高齢のフェレットでは、リンパ腫などの消化管腫瘍や胃内の毛球も下痢や嘔吐を引き起こすことがあります。診断のためには、血液検査や腹部X線検査、バリウム造影検査、超音波検査などが必要です。
異物の場合、開腹手術によって異物を摘出しなければいけなくなるケースも少なくありません。身の周りで異物の原因になりそうなもの(ゴム製品やクッションの綿など)は片づけ、ブラッシングをこまめにし、胃内異物の予防をしましょう。

副腎疾患
フェレットでは、年齢が高くなると副腎皮質からの性ホルモン分泌が過剰になる副腎疾患が多くみられます。副腎疾患では尾や尾の付け根から始まる特徴的な脱毛、貧血、多飲多尿のほか、雌では外陰部の膨らみ、雄では前立腺肥大による頻尿や排尿困難がみられることがあります。
診断は、症状や、レントゲン・超音波検査、性ステロイドホルモンの測定などで行います。副腎疾患と診断された場合、酢酸リュープロレリンの注射などによる内科的治療、または副腎を開腹手術によって摘出する外科的治療を行います。どちらを選択するかは、症状や腫大した副腎の状態などによって決定します。


副腎疾患により脱毛している状態
副腎疾患により陰部の腫大がみられるフェレット