• 病気の予防
  • フィラリア・ノミ予防
  • ワクチン、避妊・去勢
  • 犬と猫の診療
  • 犬と猫の診療 歯科
  • 犬と猫の診療 内分泌科
  • 犬と猫の診療 皮膚科
  • ウサギの治療
  • フェレットの治療
  • 夜間動物緊急診療
  • アニコム
フィラリア予防
フィラリア症とは、フィラリアという糸のような寄生虫が心臓に寄生することにより起こる病気です。フィラリア成虫の大きいものでは30cm程に達します。フィラリアは心臓や肺の血管に寄生することから血液の流れを乱してしまいます。これでは全身に必要な血液を充分に送ることができません。その結果として、心臓の他にも肺や肝臓、腎臓または脳などにも様々な障害がでます。症状の出方や進行に個体差はあるものの、フィラリア症を放っておくと命を落としてしまう危険な病気です。主な症状としては、疲れやすい、息切れ、咳が出る、呼吸困難、失神、お腹が膨らんでくるなどがあげられます。実際には、目にみえる症状以上に体の中では多くの障害が出ている事が多いのです。


蚊の吸血によってワンちゃんの体内に侵入したフィラリアの幼虫が心臓にたどりつくまでには、1カ月以上かかります。フィラリアの予防薬は、この幼虫を心臓にたどりつくまでにまとめて駆虫するお薬です。お家のなかで飼っていても蚊に刺されないとは限りません。予防は、錠剤やビスケットのタイプのお薬を5月頃から11月の終わりまたは12月まで、毎月一回ワンちゃんにあげる方法が簡単であり、一般的に行われています。また首の後ろに垂らすスポットタイプのお薬もあります。しっかりと予防をし、フィラリア症からワンちゃんを守りましょう!
ノミ予防
ノミは気温が13度以上、湿度が50%以上になると繁殖活動を行います。ノミの成虫はワンちゃんやネコちゃんの体に寄生して吸血し、様々な被害をもたらします。また、時には人間にも被害を及ぼします。主なノミ被害の症状としては、かゆみ、貧血、ノミアレルギー性皮膚炎、瓜実条虫症などがみられます。
では、大切なワンちゃんやネコちゃんにノミが寄生しているがどうか、どのようにして発見すればいいのでしょうか?ノミはとても小さく動きも素早いので、特に寄生数が少ない場合は見つけることができないことも多いです。そんな時は、ノミが好んで寄生する部位である背中や腰、尾などの毛をかき分けて注意して見てください。もしゴミのような黒い粒がみられたら、それはノミの糞かもしれません。ノミはワンちゃんネコちゃんの血を吸っているので、黒い粒がノミの糞なら、濡らしたティッシュの上に置くと粒が溶けて赤っぽくなります。


ノミの駆除、予防はとっても簡単です。定期的に首の後ろに液体のお薬を垂らすだけ。ノミやノミの糞をみつけたり、症状がみられる場合にはノミの駆除などの治療が必要です。また、今はノミに寄生されていなくても、お散歩に行くワンちゃんやお外に遊びにいくネコちゃんはノミを連れて帰ってくる可能性がありますので予防をしてあげることが重要です。液体のお薬は数種類ありますので、詳しくは当院でお尋ねください。