• 病気の予防
  • フィラリア・ノミ予防
  • ワクチン、避妊・去勢
  • 犬と猫の診療
  • 犬と猫の診療 歯科
  • 犬と猫の診療 内分泌科
  • 犬と猫の診療 皮膚科
  • ウサギの治療
  • フェレットの治療
  • 夜間動物緊急診療
  • アニコム
ワクチン
ワクチンには大きく分けて狂犬病ワクチンと混合ワクチンがあります。
狂犬病は、日本国内ではしばらく発生していない病気ですが、アジア諸国ではまだ多くみられる病気です。狂犬病は、ワンちゃんがかかると死に至る病気であるだけでなく、人にも感染する恐ろしい病気です。ワンちゃんでは、生後3カ月を過ぎたら狂犬病ワクチンの接種および登録が義務づけられています。
混合ワクチンは、日本国内でも発生がみられる病気を予防する注射です。ワンちゃんでは、ジステンパー、アデノウイルス2型、伝染性肝炎、パラインフルエンザ、パルボウイルス、コロナウイルス、レプトスピラ症を、ネコちゃんでは、ウイルス性鼻気管炎、カリシウイルス、猫汎白血球減少症、クラミジア、白血病ウイルス、免疫不全ウイルスを予防することができます。


どのワクチンを接種するかは生活パターンや環境によって異なります。子犬、子猫の場合、親譲りの抗体である移行抗体が残っているので、これが切れる時期にワクチン接種をおこないます。その後、一年に一回ずつ追加接種をおこないます。接種時期やワクチンの種類についてはご相談ください。感染してしまうと命にかかわる病気もあるだけでなく、他のワンちゃんやネコちゃんにうつしてしまうこともあります。しっかりとワクチン接種をして予防していきましょう。
避妊・去勢手術
ワンちゃん、ネコちゃんの避妊・去勢手術をする最適な時期は生後6~10ヵ月ごろです。全身麻酔下で、避妊手術は卵巣・子宮を、去勢手術は精巣を摘出します。 利点としては、発情期や望まない妊娠を避けられるほか、様々な病気の予防をすることができます。避妊手術は、中年以降に多くみられる子宮や卵巣の病気を防ぐことができ、また早期に行うことで乳腺腫瘍になる可能性を少なくすることができます。去勢手術は、ワンちゃんでは精巣腫瘍、前立腺疾患、会陰ヘルニアなどの疾患を、ネコちゃんでは尿スプレー行動の抑制、喧嘩による外傷や感染の可能性を少なくすることができます。


全身麻酔が必要となりますので、当院では麻酔の危険性を減らすため、術前に身体検査、血液検査を行っております。また、ワンちゃんではフィラリア検査、ネコちゃんでは猫白血病ウイルス・猫免疫不全ウイルス検査を行う場合もあります。手術中は、心電図、血圧、血中酸素濃度などをモニターしながら安全な手術を心がけています。また、手術にあたっては鎮痛剤を使用し、動物たちの負担を減らすようにしております。
避妊・去勢手術を希望される場合は、一度ご来院頂きご相談ください。